教習・コース紹介

普通自動車

普通自動車普通自動車とは、車両総重量5,000kg未満、最大積載量3,000kg未満、乗車定員10人以下の四輪車のことを言います。普通自動車免許は18歳を過ぎた方であればほとんどの方が取得できます。

普通自動車免許を取得すると、50ccの二輪車(原動機付自転車)、四輪車(いわゆるミニカー)、小型特殊自動車規格の農業機械(耕運機や農耕用トラクターやコンバインなど)、軽自動車から2トン積みクラスの小型トラックなどの運転ができます。


免許取得の流れをチェック!

中型自動車

中型自動車平成19年6月2日より「普通自動車」と「大型自動車」の2種類の区分に、新たに「中型自動車」が加えられました。中型自動車は、車両総重量5トン以上11トン未満、最大積載量3トン以上6.5トン未満、乗車定員11人以上29人以下の四輪車のことです。中型自動車免許を取得すれば、マイクロバスの運転ができます。

大型特殊自動車

大型特殊大型特殊自動車とは、キャタピラ式や装輪式など特殊な構造をもち、特殊な作業に使用する自動車で、エンジンの総排気量や最高速度、車体の大きさが小型特殊自動車にあてはまらない自動車のことです。
大型特殊自動車免許(大特免許)は、移動のために公道を運転するための免許です。現場に入って実際に作業をするには、別に資格が必要となるケースがほとんどですので、ご注意ください。

普通二輪車

普通自動二輪(MT)普通二輪車は、総排気量が50ccを超え、400cc以下の二輪車のことで、16歳から免許取得可能です。普通二輪車の免許を取得すると、小型特殊自動車、原動機付自転車の運転ができます。MT(マニュアル)車とAT(オートマチック)車限定があります。


 

大型二輪車

大型自動二輪(MT) 大型二輪車は、総排気量が400ccを超える二輪車のことで、18歳から免許取得可能です。大型二輪車の免許を取得すると、普通自動二輪車、小型特殊自動車、原動機付自転車の運転ができます。